POWERS
 
メインメニュー

2013年10月30日(水曜日)

広坂正美氏プロフィール

カテゴリー: - T2K @ 19時00分15秒

広坂正美氏のドライブにより、ラジコンカーのビッグタイトルレースで勝ち取った時の使用マシンとトロフィー。
上段の14台は、世界選手権で優勝したマシン。(写真提供: (株)内外出版社 RC sports)
*この写真は、RC sports 2008年6月号の臨時増刊号 「世界チャンピオン広坂正美の ”正美道場”」付録の特製ポスターになったものです。

★☆★ 広坂正美氏 プロフィール ☆★☆

1970年2月26日生まれ
R/C(ラジオコントロール)カーレース歴35年 現住所 東京都
R/Cカー製造発売元 株式会社ヨコモ所属
広報活動の一環として、世界各国の R/Cカーレースに参戦してきた。
5歳の時に R/Cカーと出会い、7才の時に参加したレースで初優勝し、その後16才で全日本チャンピオン、17才で世界48カ国、200万人いると言われる R/Cカーレーサーの頂点、世界チャンピオンを獲得し、通算では世界選手権優勝14回、全日本選手権優勝52回を獲得した。
前人未到、18年間の世界選手権優勝保持記録を持つ※。
全日本選手権において、21年連続優勝を成し遂げたのも、日本でただ一人。
2008年9月、全日本選手権で優勝、11月にタイ・バンコクで開催された世界選手権で3位を獲得した後、翌年2009年3月に、メジャーレースから引退することを表明した。
2009年5月3日に、R/Cカーサーキットの聖地と呼ばれる、茨城県つくば市の谷田部アリーナにて、引退セレモニーが行われ、広坂正美のR/Cカーレース人生に幕が下りた。

現在の目標は、R/Cホビーをより多くの人に知ってもらい、楽しんでもらう事と、R/Cを通じ、社会貢献の一助を担う事。

★☆★ 特に尊敬している日本人 ★☆★

中野 浩一 さん(元 競輪選手)
具志堅 用高 さん(元 プロボクサー)
桜井 章一さん(雀士)
櫻井 よし子 さん(ジャーナリスト)

★☆★ ビッグレースの主な戦績【 】内はそれぞれの年での優勝回数 ☆★☆

1976年度 5才の時、両親からのプレゼントにより、R/Cカーを手にする
――–  –  ――–  –  ――–  –  ――–  –  ――
1978年度【12勝】 7才 オール関西グランドチャンピオンレース 【優勝】
1979年度 【8勝】 8才 西日本グランドチャンピオンレース 【優勝】
1980年度【22勝】 9才 西日本グランドチャンピオンレース 【優勝】
1981年度【20勝】10才 西日本グランドチャンピオンレース 【優勝】
1982年度 【5勝】11才 全日本選手権初参戦 【14位】
1983年度 【9勝】12才 全日本選手権 【3位】
1984年度 【4勝】13才 全日本選手権 【17位】
1985年度 【2勝】14才 全日本選手権 【2位】
1986年度 【8勝】15才 世界選手権初参戦 【16位】(アメリカ) & 全日本選手権 【初優勝】
1987度度【19勝】16才 世界選手権 【初優勝】(イギリス) & 全日本選手権【2種目優勝】
1988年度【11勝】17才 世界選手権 【優勝】(オランダ) & 全日本選手権【2種目優勝】
1989年度【11勝】18才 世界選手権 【2種目優勝】(オーストラリア)&全日本選手権【3種目優勝】
1990年度 【5勝】19才 世界選手権 【2位】(シンガポール) & 全日本選手権【2種目優勝】
1991年度 【6勝】20才 世界選手権 【優勝】(アメリカ) & 全日本選手権【2種目優勝】
1992年度 【5勝】21才 世界選手権 【2位】(アメリカ) & 全日本選手権【3種目優勝】
1993年度 【5勝】22才 世界選手権 【優勝】(イギリス) & 日本選手権【2種目優勝】
1994年度 【7勝】23才 世界選手権 【優勝】(ドイツ) & 全日本選手権【2種目優勝】
1995年度 【8勝】24才 世界選手権 【2位】(日本) & 全日本選手権【3種目優勝】
1996年度【14勝】25才 世界選手権 【優勝】(アメリカ) & 全日本選手権【4種目優勝】
1997年度 【8勝】26才 世界選手権 【優勝】(アメリカ) & 全日本選手権【4種目優勝】
1998年度【10勝】27才 世界選手権 【3位】(イギリス) & 全日本選手権【5種目全クラス優勝】
1999年度【14勝】28才 世界選手権 【優勝】(フィンランド) & 全日本選手権【4種目優勝】
2000年度【16勝】29才 世界選手権 【2種目優勝】(日本) & 全日本選手権【優勝】
2001年度【13勝】30才 世界選手権 【不参加】(南アフリカ) & 全日本選手権【4種目優勝】
2002年度 【9勝】31才 世界選手権 【優勝】(南アフリカ) & 全日本選手権【2種目優勝】
2003年度 【6勝】32才 世界選手権 【不参加】(アメリカ) & 全日本選手権【優勝】
2004年度【12勝】33才 世界選手権 【優勝】(アメリカ) & 全日本選手権【2種目優勝】
2005年度 【9勝】34才 世界選手権 【5位】(イタリア) & 全日本選手権【優勝】
2006年度【15勝】35才 世界選手権 【2位】(イタリア)&全日本選手権【優勝】
2007年度 【8勝】36才 世界選手権 【4位】(日本)&全日本選手権 【準優勝】
2008年度 【6勝】37才 世界選手権 【3位】(タイ)&全日本選手権【優勝】
――  –  ――  –  ――  –  ――  –  ――
2009年度 39才 5月3日 引退
【IFMAR 世界選手権 優勝】 14回(世界タイトル18年間保持)
【JMRCA 日本選手権 優勝】 52回
【総優勝回数】 307回

――  –  ――  –  ――  –  ――  –  ――

〜引退後の活動〜

2010年度 (40才)
FEMCA (極東アジアモデルカー協会) 【Electric Section Chairman 就任】
JMRCA (日本 モデル ラジオコントロールカー協会)【役員就任】
JRM (日本ラジコン模型 工業会) 【役員就任】

2011年度 (41才)
JMRCA ツーリングカー EXP&S.EXP クラス 全日本選手権 【公式審判員】
JMRCA 1/12 オンロード 全日本選手権 【公式審判員】
JMRCA 1/10 オフロード全日本選手権【公式審判員】
JRM チャレンジカップ 【役員】
Yokomo International Drift Meet 2011 in Malaysia 【公式審判員】
ヨコモ ドリフト 世界選手権 2011 【公式審判員】
ヨコモ GT 全日本選手権 2011【競技委員長】
ヨコモ ドリフト ミーティング【競技委員長】
ヨコモグランプリ 【競技委員長】

2012年度 (42才)
IFMAR ISTC世界選手権 in Holland 【公式審判員】
FEMCA CUP in JAPAN 【大会委員長及び公式審判員】
JMRCA ツーリングカー EXP&S.EXPクラス全日本選手権 【公式審判員】
JMRCA 1/12 オンロード 全日本選手権 【公式審判員】
JMRCA ツーリングカー全日本選手権スポーツクラス 【公式審判員】
JMRCA 1/10 オフロード 全日本選手権 【公式審判員】
JRM チャレンジカップ 【大会役員】
ヨコモ & ABC HOBBY スケールカー Grandprix 2012 【競技委員長】
Yokomo International Drift Meet 2012 in Indonesia 【公式審判員】
ヨコモ ドリフト 世界選手権 2012 【公式審判員】
ヨコモ GT 全日本選手権 2012 【競技委員長】
ヨコモドリフトミーティング【競技委員長】
ヨコモグランプリ 【競技委員長】

2013年度 (43才)
IFMAR 1/10 オフロード 世界選手権 in USA 【公式審判員】
IFMAR 1/8 IC オンロード世界選手権 【公式審判員】
IFMAR 1/8 IC オンロード世界選手権前哨戦 【公式審判員】
JMRCA 1/12 オンロード全日本選手権 【公式審判員】
FEMCA 1/8th Buggy & 1/10th ISTC Championships in China 【公式審判員】
FEMCA 1/10 EP Off-Road Championship 2013 in Taiwan 【公式審判員】
JMRCA ツーリングカー EXP&S.EXPクラス全日本選手権 【公式審判員】
JMRCA 1/10 オフロード全日本選手権 【公式審判員】
JRM チャレンジカップ 【大会役員】
Yokomo International Drift Meet 2013 in Singapore 【公式審判員】
ヨコモ & ABC HOBBY スケールカー Grandprix 2013 【競技委員長】
ヨコモ ドリフト 世界選手権 2013 【公式審判員】
ヨコモ GT 全日本選手権 2013【競技委員長】

★☆★ 2014年、2015年度での主な目標 ☆★☆

2015年度に日本での開催が決定した、「IFMAR オフロード世界選手権」 の成功
中国の北京オリンピックの跡地(Fengtai Sports Center)に建設中のR/C専用ビル内にて、「ラジコン教室」を開く事
中国上海での「広坂正美 上海訪中 十周年記念 レース」の成功
アジア各地で開催する「FEMCA(極東アジアモデルカー協会)」 各レースの成功
アメリカで開催する、「IFMAR オンロード 世界選手権」の成功
ヨーロッパ(予定ではチェコ と ドイツ)で初開催する 「ドリフト ヨーロッパ選手権 前哨戦 及び ヨーロッパ選手権」 の成功

★☆★ 将来の目標 ☆★☆

ラジコン専門学校の設立、世界各地にラジコン塾を作り、RCレースや模型業界で活躍してきた人達が、仕事として続けていける環境作り。
東京ドーム他、メジャーな場所での、他のスポーツとのコラボ イベントによる世界選手権の開催。
東京都内にR/C公園を作る。

★☆★ 広坂正美のR/C カーレース現役中の全戦績 ☆★☆

【総優勝回数】 307回
【準優勝】 47回
【3位】27回
【4位以下】 59回

【勝率】 447戦中 307勝(6.86)
【3位以内】447戦中 388回(8.68)
【世界選手権 優勝】37戦中 14回(3.78)
【世界選手権 3位以内】37戦中25回(6.75)
【世界選手権 ベスト10入り】37戦中 35回(9.45)
【全日本選手権 優勝】70戦中52回(7.42)
【全日本選手権 ベスト10入り】70戦中 67回(9.57)

※(補足)R/Cカーの世界選手権は、1種目に対し2年に1度開催されます。オンロードタイプ(主にアスファルト路面)と、オフロードタイプ(ダート路面やジャンプ)が毎年交互に開催されています。広坂は両種目に参加し、初めて世界選手権に優勝して以来、2年連続で負ける事がなかった期間が、18年間でした。世界選手権で優勝した回数は合計14回でした。

★☆★ その他 ☆★☆

■Facebook (1): https://www.facebook.com/#!/masami.hirosaka
■Facebook (2): https://www.facebook.com/masami.hirosaka.1
■Facebook (3): https://www.facebook.com/update_security_info.php?wizard=1#!/hmasami
※補足: (1)と(2)は、友達が上限の5,000人に達していますので友達申請不可です。

■広坂正美 紹介ビデオ
http://www.heroesinterview.com/heroes/2011/10/post-158.php
(株式会社 ラムカノンINC 制作)
■広坂正美 講演 DVD
http://www.c-consul.co.jp/dvdbook/
(株式会社 キャリア コンサルティング 制作)


2011年6月9日(木曜日)

【Masami’s Report 終了のお知らせ】

カテゴリー: - T2K @ 20時29分30秒

【Masami’s Report 終了のお知らせ】 

2000年より12年間、RCMXに掲載していただいておりました「Masami’s Report」をここで終了させていただきます。

今後はフェイスブックなどで情報提供させていただきたいと思います。

長年に渡り、ご協力頂きましたRCMX様には、心より御礼申し上げます。

又、今後も引き続き、業界発展に繋がるような活動を目指してがんばっていきますので、今後共何卒宜しくお願い申し上げます。

2011年6月9日 広坂正美 謹


2011年5月18日(水曜日)

【マイクリーディ氏 永眠】

カテゴリー: - T2K @ 20時40分15秒

【マイクリーディ氏 永眠】

伝説のモーターチューナー、マイク リーディーさんが、USA時刻の5月17日(火)午前1:08に永眠されました。

「マイクさん、私はあなたに会うチャンスを得ることが出来てとても幸せです。言うまでもありませんが、あなたの情熱的で心のこもった手助け無しには、私は数知れないビッグタイトルを手にする事は出来なかったでしょう。
今はとにかく悲しくて仕方がありません。長年に渡り誠にありがとうございました!」 201年5月17日 広坂正美

※広坂正美のフェイスブックにて、マイクリーディーさんへの思い等、書き込み可能です。

Legent of motor tuner Mr. Mike Reedy’s passed away at 1:08 on May 17th. Mike, I am so happy that I had chance to meet you. You know I couldn’t win so many races without your GREAT HELP ! I am so sad now. I thank you very very much ! 2011.May.17  Masami Hirosaka.


2011年4月12日(火曜日)

【チャンピオン金沢さんへ、直人君と共に】

カテゴリー: - T2K @ 21時55分20秒

【チャンピオン金沢さんへ、直人君と共に】

金沢市にあるチャンピオン金沢さん所有の、RCインドアサーキット横川へ、チームメイトの松倉直人君と共に、レース参加しました。

現地では、石川県のエースドライバーの斉藤史郎さん、一里野RCプラザの穴田店長、私が学生の頃によく京都のお店に顔を出してくれていた半田さん、JMRCA支部代表の逸見さん他、多くの方々が顔を出して下さり、大変有意義なひと時を過ごすことができました。

『お客様におかれましては、直人君の、レース前ボーリング・連続8ゲームにお付き合い下さいまして、ありがとうございました!モン君今度は谷田部で!』 2011年 4月 from 正美


【GBサーキットで OFF & ON ロード】

カテゴリー: - T2K @ 21時51分36秒

【GBサーキットで OFF & ON ロード】

千葉県旭市にあるGBサーキットへ、ヨコモの横堀社長、初代 1/8世界チャンピオンのButch Kroellsさんと、現 1/12世界チャンピオンの松倉直人君と共に、オフロードとGT500を持って遊びに行きました。

GBサーキットは、海から1キロもない所にあるサーキットですが、大地震被害の影響はほとんど無かったそうでホントに良かったです。

『崎山のお父さん、崎山正樹さん、楽しませていただきました!ありがとうございました!』 2011年 4月 from 正美


18 queries. 0.024 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

広坂正美選手
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
Powered by RC Maniax Copyright 1998-2016 RC Maniax Project
利用許諾&免責事項 | Admin Menu
このサイトは、Windows Internet Exproler6.0、Macintosh Safariにて動作確認しています。