POWERS
 
メインメニュー
LINKS

2017年7月13日(木曜日)

CCインナーを柔らかくする方法

カテゴリー: - T2K @ 13時00分21秒

★基本は、ベルトに穴を空ける器具だと思われます。ラジコン業界では、エンジンバギーのタイヤに穴を開ける際にも使用してます。AKAから出てたかな?

★インナーをひっくり返して、ゲタ1個につき2個穴を開けます。径は4.5mm。

★元に戻して、50回くらいモミモミして完成です。

インナーの個体差で、かなり硬さに差がありますので、複数のインナーをマッチングした上で、無加工で入れたり、揉んだり、穴を開けたりして調整したりした方が、モアベターかと思います。

無加工で走らせて、どうしても動きがピーキーで扱いにくい場合は、柔らかくした方が違和感は少ないと思いますが、ヘタるペースは早くなると思いますので、いろいろテストして良いポイントを探ってください。

以前紹介したインナーのカットは、今のところ、そこまでしなくても大丈夫なんじゃないかな…といった感じです。私がマニアリでテストした範囲では、ストック2WDであれば、無加工でかなりパンパンの状態でも、一応、無理なく走行することは可能でした。

JMRCAの電動バギーのレギュレーションでは、タイヤに穴を開けることは出来ません。
空気抜きの穴は、ホイールに、直径6mmまでの穴を、2個までとなっています。
(JMRCAに確認したところ、ホイールの穴の径、個数に、現在は明確な規定は無いそうです。IFMARは5mmを2個までとのことでした。)

※2017年6月26日追記。
インナーがパンパンに張ったリヤタイヤと、上記加工を施したインナーのリヤタイヤを比較してきましたが、ほぼ新品の状態では、加工インナーのタイヤ(少しインナーが柔らかい)の方が、グリップ感は高かったように感じました。


2016年2月20日(土曜日)

FB動画貼り付けてすと

カテゴリー: - T2K @ 12時10分33秒

iMovieで適当に作ってみたよ〜!!

Posted by 清水 健 on 2016年2月19日

2015年3月12日(木曜日)

新品タイヤテスト結果【3/11:マニアリ:夜:出来立て路面】

カテゴリー: - T2K @ 13時03分07秒

出来立てのコースを、新品のタイヤで走ってきました。

路面は、まだ全く走りこんでいないため、締まっているところと、あまり締まっていない部分が混在した感じ。あまり湿っておらず、タイヤに少し土が付く程度の湿り具合でした。

タイヤはT720CNとT755CNの新品で、インナーは、BM-T16を角をカットして、適度に揉んだものを前後に使用しています。横幅の調整等は行っていません

マシンは、B-MAX2MRVer2に、YZ-2足を入れたもの。フロントアームは、YZ-2用のガルアームです。

結論から言いますと、弱アンダーで、かなり良く走りました

レース本番の練習ラウンドで、マシンがこの動きをしてくれたら、かなりの手ごたえを感じるぐらいの動きでしたね〜。

人によってはもう少し曲がった方が良いと感じる人もいるかも知れませんが、その場合は、少し使い込んだBM-T16インナーを入れたフロントタイヤを使うか、あまり走りこんでいない、タミヤインナーを入れたフロントタイヤを使えば、よりアグレッシブなハンドリングになると思います。

ただ、ドライブでき、それなりのラップが出ているのなら、多少曲がらないくらいの方が良いかと思いますが…

あと、今後、路面はどんどん上がっていくと思います。そうなると、印象もかなり変わってくるかもしれませんので、注意してくださいね〜。

レイアウトの印象ですが、コーナリングコースというより、ジャンピングコースと言った色合いの強いです。写真で見るより、山も大きいですよ。

本番のレイアウトでは、3種以上のジャンプのコンビネーションが出来るようですので、コースを攻略するには、そのあたりを精度高く、リズミカルに走る必要がありそうですよ。


2015年2月27日(金曜日)

新品タイヤテスト結果【2/21:マニアリ:夜:ドライ路面】

カテゴリー: - T2K @ 15時43分06秒

21日夜のタイヤテストです。

気温がそれなりに低く、乾燥していて、路面が締まっていたので、路面のグリップ自体は、前の2日のテストのときよりも、よくありませんでした

もちろん、ちゃんとバランスを取れば、普通に走れますけどね。

1.フロント中古(5パック走行、BM-T16)と、リア新品で走行開始:5周走行。かなり前勝ちでちょっとしんどい。

2.フロントほぼ新品(2周走行、BM-T16)と、上のタイヤで走行:5周走行。前後ともバランスよくグリップしていない感じ。アンダーで走らせやすいけど握れない

3.フロントほぼ新品(2周走行、タミヤ)と、上のタイヤで走行:5周走行。向きは変えやすいものの、握った場合、立ち上がりで不安定。YZ-2ではちょっと厳しいかな?

前回のテストに比べると、新品時のグリップ感は薄く、少し走らせるとグリップが上がってくる感じでした。路面の締まり具合と湿度の問題かな?

今回のテストでも、前後とも極力同じ走行距離のタイヤを使用したほうが、バランスが良いように感じました。

上記2の組み合わせで走行を続けました。

走らせるにつれ、前後ともグリップ感が上がり、3パック程度でベストバランスになり、その後、だんだんとリアグリップが薄くなってくる…といった感じです。

ワンパックは約15分くらい走らせていますので、トレスレイのとき(合計30分程度走行)は、ベストバランスになる前にレース終了といったところですかね。

私の感想ですが、中途半端に使ったタイヤをフロントに使うと、路面状況によってバランスがどうなるか読めませんので、やはり、フロントも新品に近いタイヤ(新品のBM-T16入)を使用したほうが、無難ではないかと思います。

乾燥した路面では、最初は曲がらないと思いますが、そちらの方がコース慣れしやすいですしね。

朝のプラクティスは、タイヤの慣らしとコース慣れに専念…といったところでしょうか。

次は、コースレイアウト変更後の路面(おそらく3月11日の夜)でテストして、レポートしたいと思ってます!!


2015年2月17日(火曜日)

新品タイヤテスト結果【2/11&2/15:マニアリ:ドライ路面】

カテゴリー: - T2K @ 16時31分38秒

2月11日(最高気温11度:晴れ)
2月15日(最高気温10度:曇り)

の2日間、タイヤテストを行ってきました。

11日は、日中は、上着を着ていると暑いくらいの状態で、路面もかなり乾燥していて、夕方ごろにはブラックマークも出来ていました。あまり水を撒いていないせいか、朝一からタイヤに土はつかない状態でした。

15日も、路面は乾燥気味でしたが、曇っていましたので、11日ほどの乾燥具合では無かったです。この日も、朝一からタイヤに土はつかない状態でした。

新品のリアタイヤ(T755CN&BM-T16)と、新品のフロントタイヤ(T720CN&インナー違い4種)を用意しました。

フロントタイヤのインナーは…
・タミヤ(スポンジ:SP.1448)
・ヨコモ(スポンジ:BM-T16フロント用)
・AKA(モールド:AKA33014)
・SWEEP(モールド:SW-10FF2C)

を用意しました。

上が一番柔らかくなり、下に行くにしたがって、硬くなります。

フロントインナーは、柔らかいほど良く曲がるようになり、硬いと逃げるようになります。

リアタイヤに新品のタイヤを使用し、フロントインナーを変えたタイヤを試して、バランスの良いハンドリングの組み合わせを探しました。

・中古タイヤ前後で2周走行:少し神経質で、巻きます。あまり良い状態ではありません。

・リアタイヤを新品に変更して2周走行:ドアンダーになりました。中古のリアタイヤに事件が起こっているようです…

・フロントタイヤをスイープ入りに変更して2周走行:ドアンダー変わらず。特に立ち上がりで狙った方向に出せません…

・フロントタイヤをAKA入りに変更して2周走行:スイープに比べると、かなり良い感じ。でも、ちょっと曲がらないかな?

・フロントタイヤをヨコモ入りに変更して2周走行:かなり曲がるようになってきました。攻め込めます。

・フロントタイヤをタミヤ入りに変更して2周走行:一段と曲がります。前後新品に近いタイヤの場合は、この組み合わせでも、問題なく走れました。

その後、テストで使ったリアタイヤと、ヨコモインナー入りのフロントタイヤで、走りこんで変化をチェック

走行を重ねるにつれ、バランスが前勝ちに変化していきました。10パックほど走らせると、かなりリアのグリップが落ちてきて、ドライブが難しい状況になりました。

★タイヤに土がつかない、乾燥して締まった路面状況の場合

・新品のリアタイヤは、新品の時が一番グリップが高く、その後、徐々にグリップが落ちていきます。ピンの形状はもちろん、インナーの張りも、大きくグリップ力に影響します。張っているほうが、グリップ力は高いです。

・新品のフロントタイヤは、最初はあまりグリップしませんが、しばらく走らせるとグリップが上がってきて、その後、安定する印象でした。フロントは、ワンパックくらい慣らししてから使った方が、安定するかもしれません。

私が、私のYZ-2で、レースに参加する場合、乾燥路面でしたら、フロントタイヤには「BM-T16フロント入り」のT720CNを使用すると思います。ワンパック慣らし済みのタイヤをプラクティスから投入し、バランスをチェックして、あとはシャーシ側でバランスを取っていくと思います。

B5MやB-MAX2MR等の通常のミッドシップマシンの場合は、タミヤインナーの方が相性が良い可能性も。

スイープは、びっくりするくらい曲がらなかったので、もう除外しても良いかもしれません…

乾燥路面だと、新品のタイヤが激しくグリップするので、楽で良いですね〜。

トレスレイオフロードレース本番では、出来るだけ、新品タイヤでグリップする路面状況に仕上げて行きたいと思っています。まあ、天候次第ですが…

湿度が高い時や、コースレイアウト変更後の路面でも、同様のテストを行い、こちらで紹介させていただきますね。

お楽しみに!!


YZ-2セッティングシート【マニアリ/モデファイド/20150215】

カテゴリー: - T2K @ 16時04分58秒

最新のセットアップです。あまり変化ありませんが…
フロントサスマウントが樹脂
リア車高が24mm
・モーターが8.5T
フロントタイヤのインナーがスポンジ
それぞれ変更されています。

それと、「Z2-304S モータープレート サポート」は取り除いています。テストしましたが、無かった方が良かったです。

PDFファイルはこちら。エディタブルですので、PCで純正のアクロバットリーダーでご覧ください。


2015年1月24日(土曜日)

YZ-2セッティングシート【マニアリ/モデファイド/20150124】

カテゴリー: - T2K @ 23時28分52秒

インドアクレイ路面&モデファイドでのYZ-2のセッティングです。
トレスレイオフロードレースに向けて、私がテストした項目は、全てここで公開していく予定ですので、ご期待ください!
もちろん、新品のリアタイヤでどうやってバランスを取るかも試しますよ!!
ちなみに、今回は、私は選手として参加する予定はありません

・ライジングトランスミッションは、ミッション下に1mmのスペーサーを挟み、ギアボックス全体をかさ上げしています。(キット付属のゴムシートは取り除いてます。)
・ライジングトランスミッションは、リアのロールが少なく、コーナー立ち上がり時リア外輪に加重がかけられない場合に効果的です。ただし、コーナー進入時には不安定になる場合もあります。
・モーターは、チキンに9.5Tですが、余裕がありそうですので、次回は8.5Tで走ってみる予定です。
・フロントインナーは、スポンジだと良く曲がりモールドだと安定感が高くなります。私は、ストックの場合はスポンジ、モデファイドの場合はモールドをチョイスする場合が多いです。
・ギアの石かみですが、マニアリでは基本的に大丈夫そうです。インドアであれば、よほど乾燥した小石の多いコースでなければ、基本的に問題ないと思われます。

PDFファイルはこちら。エディタブルですので、PCで純正のアクロバットリーダーでご覧ください。


2015年1月19日(月曜日)

約1年ぶりの土のモデファイド

17日は、約一年ぶりに土路面のモデファイドを走らせてきました。

感想は…

こんなに言うこと利かなかったっけ?

ってな感じですかね…
 
 
 
 
 
まず、ストック仕様のB-MAX2MR2を走行。フロントアームにYZ-2のストレートアームを装着し、フロントのダンパー長を20mmから18mmに。バネは前後アソシホワイトで走行。

ちなみに、ガルアームからストレートアームに変更すると、基本的には安定方向になるようです。B5Mでストレートアームに変更している人は、それと同じ効果を狙っておられるんでしょうね〜。

…アンダーです。めっちゃアンダーでした。曲がらない…。

フロントスプリングをアソシグリーンにしましたが、大勢に影響なし。

18秒台目指して走らせましたが、19秒0が限界でした…
 
 
 
 
 
続いてモデファイド仕様のYZ-2を走らせました。モーターはとりおんMM8.5Tで、ギア比は23T/80Tです。

とりあえず、まともに握れません

マシンを安定させようとすると、スロットル開度20%くらいで、直線のみ70%…といった感じ。

もう少し立ち上がりで安定させようと、ESCの設定や、モーターの進角、ハイポイントや、マシンのセットもいろいろ触ってみましたが、大きくは改善されませんでした

上手いことスルスル走らせれば、18秒台後半から19秒台前半で走れるのですが、ベストは18秒7止まり

とりあえず、全く握れない。モデが久しぶりなせいなのか、マシンの仕様やセットの問題なのか、最後までわかりませんでした…

なかなか難しい
 
 
 
 
 
とりあえず、次回の走行(24日夜予定)では、YZ-2をストックに戻し、B-MAX2MRをモデファイドに変更して、走らせてみる予定です。

去年の冬ごろには、B-MAX2MRに7.5Tモーターをつけて、ガンガン走らせていたはず。

少し触れば大外しは無いと思いますので、B-MAX2で感覚を取り戻しYZ-2モデ仕様にフィードバックしたいと思っています。

しかし、手ごわそう…。

ほんとうに困ったら、10.5Tモーターにします…。


2015年1月13日(火曜日)

YZ-2セッティングシート【17.5Tストック仕様/20150112】

カテゴリー: - T2K @ 16時22分15秒

YZ-217.5Tストック仕様のインドアクレイ路面でのセッティングです。かなり良い感じでしたよ〜。
次回から、モデファイド仕様でテストする予定です!!

※下の画像をクリックいただくと、PDFで閲覧できます。(エディタブル)



・ショートリポ後ろ寄せで、リアサスマウント(前側)の前方に20gのバラストを乗せてます。
・ボールデフ
・ダンパーは後ろ


2014年3月10日(月曜日)

B-MAX4IIIマニアリセッティングシート(2014/3/9)

カテゴリー: - T2K @ 17時57分21秒

マニアリでのトレスレイRD14用B-MAX4IIIセットです。PDFファイル。

もうセッティング作業はできないので、これが最終かな?

コース改修後の路面&レイアウトの、コントロールタイヤ&インナー仕様でのセットになります。

主な変更点は…

★ほぼ、松倉君の谷田部セットに戻しました…
・路面が軽くなったので、よりソフトになる方向にバネを変更。特にリアをソフトに。
・ナックルは上げ
・リアハブはアルミ0度
・バッテリーは後ろ

前後バネの変更で、乾燥した路面での追従性がかなりアップし、ドライブしやすくなりました。

調子は良いので、あとはミスしないよう、壊さないよう走らせてみたいと思います。

置きにいくで〜


2014年2月17日(月曜日)

B-MAX4IIIマニアリセッティングシート(2014/2/16)

カテゴリー: - T2K @ 08時51分36秒

マニアリでのトレスレイRD14用B-MAX4IIIセットの途中経過です。PDFファイル。

トレスレイまで、変化があったらアップして行きたいと思います。

タイヤはパンサークレイ&スポンジインナー仕様でのセットとなります。

ナックル下げのセットです。主な変更点は…

フロントナックル下げ&それに伴うアッパーアームの取付位置&高さの調整
(松倉選手の谷田部セットの通りにやると、アッパーボールエンドがホイールに干渉します)

リアダンパー上部取付位置を外へ
(立ち上がりで安心して握れるようになりました。)

リアハブをノーマルの樹脂に
(ボールスタッド折れ3個目で、堪忍袋の尾が切れました…)

バッテリー搭載位置を後ろへ
(よりパワーをかけたまま旋回できるようになりました)

これぐらいですかね。一日やって、非常に良く走るようになりました。かなり煮詰まってきましたよ。

あとは、ドライバーの技量のみですね…

がんばります!!


2014年1月14日(火曜日)

B-MAX2MR2ミッドセッティングシート(20140112/マニアリ/T2K)

カテゴリー: - T2K @ 17時17分32秒

マニアリでのB-MAX2MR2ミッド(モデ&ボールデフ)のセッティングシートです。PDFファイル。

★基本はTeam Beastさんに掲載されている井土選手のセッティングです。
★リアのオイルとスプリング、アッパー取り付け位置、ウイングが変わっています。後は一緒です。めっちゃ良く走ります
★リアのアッパーリンクマウントは、フラットに削っています。
★ピストンは、前後フラットの1.6mm×2です。
リアハブは新型(B4-415R00)で、アッパー取り付け位置は外から2番目です。この位置が、旧アルミハブの外側になります。
★リアハブはショートホイールベース。(後ろにシム2枚)
★フロントインナーには、張らせる目的と、ヘタリにくいスイープを使用。結構ポイントです。フロントインナーが柔らかいと、フラフラになります。
リアは、ヘタリますが、横方向のグリップが高いプロラインかAKAがおすすめです。新品から少し走らせて、若干柔らかくなったころがおいしいです。
新品のタイヤはグリップしません。渇き気味の路面の時に、3パック程度走らせていただくと、グリップしてきます。(本当にグリップしないのは、乾いた路面だと10分くらい。駆動輪であれば、舗装路で削って馴らしをすれば、短縮可能です)
★ESCの設定は、足立選手の2WDのヤツです。


2013年12月24日(火曜日)

B-MAX2MR2セッティングシート(2013/12/22/マニアリ/T2K)

マニアリでのB-MAX2MR2ミッド(モデ)のセッティングシートです。PDFファイル。

★基本はTeam Beastさんに掲載されている井土選手のセッティングです。
★ピストンは、前後フラットの1.6mm×2です。
リアハブは新型で、アッパー取り付け位置は外から2番目です。この位置が、旧アルミハブの外側になります。
★リアハブはショートホイールベース。(後ろにシム2枚)
★フロントインナーには、張らせる目的と、ヘタリにくいスイープを使用。結構ポイントです。フロントインナーが柔らかいと、フラフラになります。
リアは、ヘタリますが、横方向のグリップが高いプロラインかAKAがおすすめです。新品から少し走らせて、若干柔らかくなったころがおいしいです。
新品のタイヤはグリップしません。渇き気味の路面の時に、3パック程度走らせていただくと、グリップしてきます。(本当にグリップしないのは、乾いた路面だと10分くらい。駆動輪であれば、舗装路で削って馴らしをすれば、短縮可能です)
★ESCの設定は、足立選手の2WDのヤツです。


2013年11月5日(火曜日)

リーディレース形式の模擬レースを行ってきました!

カテゴリー: - ShimizuTakeshi @ 15時52分24秒

マニアリデイレースRD13終了後、リーディレース形式の模擬レースを行ってきました。お手伝いいただいた皆さん、ありがとうございました。大体の感じはつかめました‥

リーディレース方式と言っても、ピンと来ない方もおられると思いますので、説明しますと‥

1)全レース決勝方式の、グリッド&一斉スタート
2)組み合わせ&グリッド順は完全ランダム。(当サーキットオリジナル。おそらく本家とは異なります。)
3)ヒートごとの着順ポイント制(1位が1ポイント〜10位が10ポイント)
4)組み合わせの発表は、前ラウンド終了後
5)最初に決めていたラウンド数&捨てポイントで順位を決定
6)同ポイントの場合は、より高順位のポイントを沢山取った人が上位
7)捨てポイントを含めて全く同じポイントの場合は、一番速かった周回タイム同士の比較で速い方が上位に。

ちゃんとリーディレースのシステムを調べた訳ではないので、細かいところで異なる部分もあると思いますが、とりあえずマニアリでは上記の内容で模擬レースを行いました。

20名参加、10人づつ2ヒート、全4ラウンド、捨て1ラウンドでレースを行い、以下のポイント集計となりました。

2ヒートでレースを行いましたので、各ラウンドに2人づつ、同じポイントを獲得する選手が発生します。通常のポイント制の予選とは、ここが異なります。
(R-1では、H1のトップの島袋店長と、H2トップの加茂選手が両方とも1ポイントになります)

2〜4位まで、同じ5ポイントですが、「より高順位のポイントを沢山取った人が上位」ですので‥
1位を2回取っている加茂選手が、5ポイントの中で最上位。2位に。
・冨田選手と川嶌選手は有効ポイントは同じ1-2-2ですが、捨てポイントが冨田選手が2で、川嶌選手が4ですので、冨田選手が3位で、川嶌選手が4位となりました。

11位、12位は、全く同じ獲得ポイントとなっていますので、「一番速かった周回タイム同士の比較」で順位をつけさせていただきました。

19位、20位は、8位のポイントを獲得している竹川選手が上位となりました。

レースの概要はこんな感じです。

参加されている方の半分くらいは、レース方式が良く分からなかったみたいで、若干盛り上がりに欠ける面もありましたが、いろいろな方に感想を聞いたところ、概ね好評でした。

組み合わせ&グリッドが完全にランダムに決定しますので、運の要素も結果に影響します。

通常のレースは、実力どおりの順位に出来るだけ近づけるようなレースですが、このやり方でやると、若干イベントレース的な雰囲気になるようですね。

マニアリでは、両方を使い分けて、イベントを開催していきたいと思っていますよ。

年末に、年忘れナイトレースでやろうかな‥


2013年10月22日(火曜日)

マニアリ1周年記念レース参戦記

カテゴリー: - ShimizuTakeshi @ 16時18分33秒

マニアリ1周年記念レース。ものすごく忙しかったけど、充実した一日になりました。

運営面では、自分たちが主催のビッグレース的なイベント開催が初めてということもあって、スケジュールの設定は、かなり改善の余地があると思いました。予選のレース間のインターバルはもうちょっと短めでもよかったかな。でも、勝ち上がりがある決勝レースのインターバルは、やはり、レースも含めて、15分は見ておかないと駄目でしたね。

あと、運営を手伝ってもらった方との打ち合わせを、もうちょっと入念にする必要がありましたね〜。これも反省です。次回は、もう少し上手にやりたいと思います。

ドライバーとして参加もしましたが、結果的には、2WDは出来すぎ、4WDの方が自信があったので、結果はちょっと残念‥といったところでしょうか。ラップも遅かったし‥。

レイアウトの直前の一部変更は、イコールコンディション化に結構影響があったと思います。特に、結果的に最大の難所となったストレートエンドのターンは、最後まで攻略できずじまいでした。

あと、雨と低い気温のため、路面はかなり良い状態でレースが出来ましたが、グリップが高すぎて、サスがよれて、非常にドライブが難しかったです。これくらいグリップが高いと、もうちょっと足を硬めないとダメかな。

タイヤはもちろんスイッチ&ボブキャットのクレイで、山が半分くらいが良さそうな感じでした。
リアのインナーはプロラインのクローズドセル、2WDのフロントは、少し柔らかくなったプロラインのクローズドセル、4WDのフロントは、かなり張り気味のプロラインのクローズドセルで走りましたが、2WDのフロントは、もうちょっと張っていた方がよかったかな。

組み分けを決定するラップを計測した練習ラウンドで、2WDは2番手、4WDは6番手で最終ヒートに。

2WD(RB-6MID)の予選では、マシンがかなり神経質だったので、安定感を重視して走行。4番手でストレートAメインに。

4WD(B44.2AVID)の予選では、うまくかみ合わず、9番手でBメインに。

4WD決勝Bメインでは、とりあえずミスしないペースで走行してトップゴール。勝ち上がりでAメインに。

4WD決勝Aメインでは、序盤からミスを連発してしまい、7番手ゴール。4WDは、もうちょっとクルマの勉強をしないとダメですねえ‥。まだまだです。

2WDAメイン決勝。スタート直後の後続のマルチクラッシュで上位4台が抜け出す展開に。川嶌選手のミスで3番手浮上。無理が出来ないマシンバランスだったので、淡々と走っていると、終盤に三瓶選手がミス。2番手浮上。その後も淡々と2位をキープしてゴール。上出来な結果となりました。

あーおもろかった。全日本以外では、なかなか味わえない緊張感。運営、ドライバーとも、特別な一日となりました。


一番背が低く見えるな‥。あと、一人だけ場違いとの声も(笑)

この感動や緊張感、達成感を、少しでも多くの皆さんに味わっていただけるように、今後もいろいろな企画を実行していくつもりです。

RC Maniax&RC Maniax Web STORE、マニアリの今後に、ぜひご期待ください。

やったるぜ!!


2013年10月7日(月曜日)

マニアリコンペコースにマッチするタイヤ【2013/10/06】

カテゴリー: - ShimizuTakeshi @ 16時11分39秒

最近は、かなり気温が下がってきましたので、パンサークレイのマッチングが良くなってきました。

Panther T755CN バギースイッチ2.0 リアタイヤ クレイ

Panther T725CN ボブキャット 4WDフロントタイヤ クレイ

Panther T720CN ボブキャット 2WDフロントタイヤ クレイ

インナーは、2WDフロントはスイープのモールドを使って張り気味にすると運転が楽になります。

4WDのフロントとリアは、定番のプロラインクローズドセルがおすすめです。
ですが、リアタイヤのインナーが張り気味のときは運転が難しくなる場合が多いです。少しへたったクローズドセルインナーがおすすめですが、どうしても用意するのが難しい場合は、タバタの2ステージ等のスポンジインナーも、選択肢に入ると思います。

ピンの高さは、路面が湿り気味の時は半分以下
乾燥しているときは7〜8分山のタイヤがおすすめです。

時計回りレイアウトはかなり自信作です。ぜひお試しください!!


2013年7月2日(火曜日)

マニアリコンペコースにマッチするタイヤ【2013/6/30】

カテゴリー: - ShimizuTakeshi @ 13時59分14秒

ここしばらくのマニアリタイヤ情報です。

相変わらず、パンサースイッチ&ボブキャットのクレイコンパウンドがマッチします。

Panther T755CN 1/10 スイッチ2.0 リア バギータイヤ 【クレイ/インナー無】
Panther T720CN 1/10 ボブキャット 2WDフロントタイヤ 【クレイ/インナー無】
Panther T725CN 1/10 ボブキャット 4WDフロントタイヤ 【クレイ/インナー無】

インナーも、プロラインのクローズドセルか、スイープのモールドインナーで問題ないと思います。
2WDのフロントは、スポンジでもOK

私が走らせた感じで、4時間置きに水を撒いた場合、晴れた日の昼間でも、スーパーソフトの出番はありませんでした

問題は、ピンのハイトですかね。

私が走らせた路面状況では、新品に近いピンのハイトがあるタイヤは、全くグリップしませんでした。

かなり乾けば、使えないことも無い‥といった感じですかね。

基本的に、インナーの種類に関わらず、新品に近い山のあるタイヤはグリップしない可能性が高いですので、ご注意ください。

乾いていても5分山、湿っていればスリック(のような状態になったタイヤ)が、良好なグリップでした。

インナーは、それなりに張っている方が良いです。

私は、使い古しの山の減ったタイヤのインナーを、新品のスイープに入れ替えて使っています。
既にスリックのような感じになっていますが、砂が浮いてくるような乾燥具合でなければ、問題なく走行できていますよ。

参考にしてみてください。


2013年6月13日(木曜日)

マニアリコンペコースにマッチするタイヤ【2013/初夏】

カテゴリー: - ShimizuTakeshi @ 17時56分48秒

現状、マニアリコンペコースにマッチするタイヤですが、基本的に、パンサーのスイッチ&ボブキャットのクレイコンパウンドがマッチします。

T755CN(2WD&4WDリア)
T720CN(2WDフロント)
T725C(4WDフロント)

最近は、水をしょっちゅう撒いているので、基本はクレイで大丈夫です。

が、晴れた日の昼間で、路面がかなり乾燥した場合(ブラックマークがつくぐらい)は、リアにスーパーソフトを履くと、楽に走れるようになります。

T755SS(2WD&4WDリア)
T725SS(4WDフロント)

★ピンのハイト

クレイのピンの高さは、湿っていれば低い(減ったタイヤ)、乾いていれば高い(新品に近い)ピンハイトがマッチします。

スーパーソフトがマッチする路面になった場合は、出来るだけ新品に近いスーパーソフトの方が、グリップは高くなると思います。

★インナー

インナーの硬さは、湿っていれば硬いインナーが、乾いていれば柔らかいインナーがマッチします。

インナーの種類は、クレイの場合は、基本はプロラインのクローズドセルインナーとなります。次点はスイープですかね。

スーパーソフトの場合は、ヨコモ16M等のスポンジインナーで問題ないと思います。

ですので、リアタイヤは、以下のような種類のタイヤを用意すれば、ほぼ完璧かと思います。

・ピンが減って、新しいクローズドセルインナーが入ったクレイタイヤ(湿ったクレイ路面用)
・ピンが残っていて、それなりに使って柔らかくなったクローズドセルインナーが入ったクレイタイヤ(乾いたクレイ路面用)
・ピンが残っていて、スポンジインナーを入れたスーパーソフトタイヤ(超乾燥路面用)

2WDのフロントは、バランスが取れていれば、ピンがあってもなくても、インナーが柔らかくても硬くても、スポンジインナーでもクローズドセルインナーでも、クレイでもスーパーソフトでも、どちらでも問題ないと思います。

4WDのフロントは、出来るだけリアタイヤのコンディションに近いタイヤのほうが、バランスがよくなると思われます。

パンサーのスイッチクレイが使用可能な土のコース(谷田部さんやGOJOさん)の場合は、基本的には同じ傾向になると思いますので、参考にしていただければ幸いです。(クレイを使用する場合に限る)


2012年11月20日(火曜日)

【RC Maniax ARENA】オフロードレースRd.2レポート

カテゴリー: - ShimizuTakeshi @ 11時36分12秒

他のサーキットのイベントやレースと日程が重なったため、少し寂しい参加人数となりましたが、なんとか開催できました。
2WD&4WDクラスで、各予選4ラウンド、全員決勝というスケジュールでした。

※集合写真

※2WD予選結果

※2WDクラスAメイン進出メンバー

※2WDクラスAメインリザルト

※2WDクラス表彰台。スタッフは賞典外のため、スタッフを除いた上位3名に、特製の楯と、マニアリ割引走行券が贈られました。

※4WDクラス予選リザルト

※4WDクラスAメイン進出メンバー

※4WDクラスAメインリザルト

※4WDクラス表彰台。スタッフは賞典外のため、スタッフを除いた上位3名に、特製の楯と、マニアリ割引走行券が贈られました。

※抽選会で景品が当たりご満悦のみなさん。協賛いただいたトレスレイ様、チームあざらし様、ありがとうございました。

12月16日に、オフロードレースRD3を開催いたします。
衆議院議員選挙と日程が重なってしまいますが、不在者投票を行っていただき、ぜひレースにも参加いただきますようお願い申し上げます!


58 queries. 0.070 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

カレンダー
2017年 10月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
カテゴリ一覧
ツイッター
T2K's Column
リンク
WordPress 月別過去ログ
LINKS
Powered by RC Maniax Copyright 1998-2016 RC Maniax Project
利用許諾&免責事項 | Admin Menu
このサイトは、Windows Internet Exproler6.0、Macintosh Safariにて動作確認しています。